お知らせ

2023/09/04

【子宮頸がんワクチンについて】

子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)とは
HPV(ヒトパピローマウイルス)の中には子宮頸がんをおこしやすい種類のものがあります。
子宮頸がんワクチンは、このうち一部の感染を防ぐことができます。
そのことにより、子宮頸がんの原因の50~70%を防ぎます。
また、子宮頸がんワクチンで、がんになる手前の状態(前がん病変)が減るとともに、がんそのものを予防する効果があることも分かってきています。

【定期接種の対象】公費
小学校6年生から高校1年生相当の女子

【キャッチアップ接種の対象】公費
平成9年度生まれ~平成17年度生まれ(誕生日が1997年4月2日~2006年4月1日)の女性
*詳細はこちらhttps://www.city.toyoake.lg.jp/16024.htmをご覧ください。

【当院取り扱いワクチンの種類】
4価ワクチン(ガーダシル):3回接種
9価ワクチン(シルガード9)令和5年4月1日より定期接種の対象となり公費で接種できます。
*9歳~14歳まで:2回接種または3回接種
*15歳以上:3回接種
  9価ワクチン(シルガード9)についての詳細はこちら
  https://www.msd.co.jp/news/product-news-20230308
     https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou/hpv_9-valentHPVvaccine.html

子宮頸がんワクチンについての詳しい情報は下記のサイトをご参照ください。
小学生のお子さんにもわかりやすいサイトはこちら
 https://minpapi.jp/
日本産科婦人科学会のサイトはこちら
 https://www.jsog.or.jp/modules/jsogpolicy/index.php?content_id=4

ご質問・ご不明な点がございましたら、診療時間にご来院いただければ院長よりご質問にお答えさせていただきます。(ただし診察の順番でのご案内となりますのでお待ちいただくことをご了承ください。また水曜日以外でお願い致します。)

一覧を見る